崖地の家

白い箱型の住宅が崖に浮くようなイメージです。

実際は基礎が岩盤に固定されています。

屋上は駐車場になっており、上の階から降りて内部へ入っていきます。

床材は白い鏡面のタイルです。可動式のベンチを作りました。

階段はパンチングメタルとチェッカープレートを使い。

パンチングメタル部分からは光が下に漏れるように考えました。

崖地への施工は驚きの連続でした。

基礎をつくるのに平場を作るとき、最初の一人はスコップを持った人間でした。

小さな重機が載るような広さまで平らにしてそこから平場を広げていったのです。

それでも簡単に平らにはならず、

内部から露出した岩盤を掘削するのに相当の時間を要しました。

岩盤の上に基礎を乗せる計画でしたが、

目で見た岩盤は地球の骨であるような感じがしました。